二重整形の基礎知識

まず東洋人は一重の人と二重の人に分かれていますが、二重の人でも平行型ではなく末広型の人が多いです。
末広型は目頭から二重線がだんだんと広くなってくることをいい、一般的に東洋人の目は大半の人がこの形です。
西洋人はほぼ全員平行型の二重をしており、一重の人はいないとされていることからアジア人特有の一重に憧れを抱く西洋人も多いのです。
西洋人と東洋人では基本的な顔の構造が異なっていて、西洋人は目が奥に引っ込んでいるということが特徴です。
くぼみができることから二重形成をし、さらに蒙古ヒダがないことから平行型の二重を作りやすいのです。
日本人が二重整形をする際には西洋人に憧れを持つことから平行型にする人も多いのです。

美容外科クリニックなら目の形を変えるために二重整形をすることができます。
現在行なっている施術法では糸を使った埋没法や、メスを使う目頭や目尻切開法の方法があります。
どちらの二重整形も理想の二重にすることができますが、手術にかかる時間と費用の他にも二重継続期間が違います。
埋没法なら糸で止めるだけなので短時間で手術を終えることができ、比較的安価で二重整形をすることができるのです。
糸で止めて理想の二重ではないときは糸の配置場所を変更して違う二重にすることも可能です。
ですが埋没法では糸が緩くなってしまうとせっかくの二重が元の一重に戻ってしまいます。
長く固定することができないため、定期的に埋没法による手術をしなければならないのです。

メスを使う目頭や目尻切開の方法では埋没法に比べて手術時間や料金が多少かかってしまいます。
ですが切開法で二重整形をすることで余分な脂肪を取り除いて長期間その二重を維持することができます。
一重に悩まされている人は基本的にまぶたの厚みが重いことから、市販のアイテープを使っても理想の二重にすることが難しいです。
切開法なら脂肪を除去して二重ラインをつくることができるので、メスを使う方法ならほぼ確実に二重を手に入れることができます。
埋没法は糸で止めるのでやり直しをすることができますが、切開法では一度切ってしまうともとに戻すことができなくなるので注意が必要です。
昔は二重整形の値段が比較的高額でしたが、医療の進歩に伴って手術時間を短くして料金も一般の人が出しやすい値段で受けることができるのです。