二重まぶたの種類

二重まぶた

日本人の二重まぶたは主に末広タイプと一重まぶた、奥二重の3つに分かれており、この目元の形は遺伝によって変化します。
日本人と外国人では顔の骨格から作りが違うので、日本人が外国人のような並行型の二重にすると人によっては似合わない人もいます。
そのため美容クリニックで二重整形の手術をするときには、そのまぶたが合うのかを把握してから最終検討する必要があるのです。
3種類の中で日本人が最も愛される目元とされているのが末広型の二重です。
末広型は日本人の二重に多いとされているので、ほとんど違和感なく自然な二重に仕上げることができます。

平行型の二重にすると目との距離も広くなることから化粧をしたときに目を大きく見せやすいです。
この平行型の二重につけまつげやカラーコンタクトをプラスすることでより大きな目を作ることができます。
化粧で盛りたい人には平行型が最適な方法ですが、人によっては平行型が合わない人もいるので手術を行う前には専門医と相談することが大切です。
平行型をしっかり形づけたいときには全切開法をすることで、はっきりとした二重線を作り上げることができるのです。

通常の平行型の二重とは違って、幅の狭い平行型は二重整形だけでこの形を作るのは難しいものです。
幅が狭くなることでナチュラルな雰囲気を出すことができますが、手術方法では目頭切開を行うのが最適です。
幅の狭い平行型はすっぴんでも大きな瞳に見せることができるので、華やかな印象を持たせることができるのです。

一重まぶたは日本人に多い目の形ですが、目が小さいということから眠たそうな印象や冷たい印象を与えてしまいます。
また脂肪の重みからまつ毛も下を向いてしまうので、女性で化粧をするときにビューラーでまつ毛を上げても脂肪の重みで下に下がってしまうのです。
一重まぶたから二重整形にすることでガラッと印象を変えることができるため、手術をすることで自分自身の気持ちをリセットさせることができます。