目が腫れない手術法

目のマーク

美容クリニックで行う二重整形の方法にはその種類によって様々な特徴があります。
その特徴を理解することで二重整形を行う際に自分に適した方法を受けることができます。
まず埋没法では別名でプチ整形とも言われており、この方法ではメスを使わずに糸で二重を作っていきます。
糸で縫い合わせる手術なので手術時間も他の方法に比べてかからず、手術後の腫れも他の手術よりも比較的早く改善することができます。
大体腫れがあるとされているのが3日間で、それを越えると腫れもある程度引いて見た目も通常の状態に戻ります。

埋没法の他には部分切開と全切開法があり、部分切開とはメスを使ってまぶたを切開する方法です。
部分的に切開していきますが、メスを使うためまぶたの腫れは埋没法よりも強いです。
腫れは一週間以上続く可能性がありますが、切開の方がハッキリとした二重を手に入れることができます。
両目の手術をしてしまうとどちらも腫れてしまうため、会社や学校などがある人は片目ずつ行うことで眼帯をして過ごすことができます。
ですが片目ずつ行うことで二重の形がずれてしまうことがあるので、できるだけ二重整形をするときは両目を同時に行うと綺麗な二重にすることができるのです。
また全切開法は二重整形の中でも腫れが長く続いてしまいますが、一重の原因となる目の上の脂肪を取り除くこともできます。

二重整形には埋没法と部分切開、全切開の方法がありますが、埋没法はメスを使わないため比較的肌にやさしいといえる手術法です。
ただし糸で埋没法は糸で止めているだけなので、もしかしたら糸が外れて二重が取れてしまうことがあります。
どの手術も目の腫れは発生してしまいますが、この中で一番腫れが少ないのは埋没法です。